スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

答え

つい前のこと...

いつもの散歩帰り、ご近所さんに呼び止められた
時々ブログものぞいてくれているようで
そらおの病気のことから、命の話へと・・・

その方は去年ワンコを迎え入れたばかり
すっかりワンコに魅了されている。
食欲の波があること、トイレのしつけのこと、いたずらのこと
一緒にあーでもない、こーでもないと悩みながらも今じゃ立派なワンコへと成長した。
病気という病気もなく。

『ワンコのこと、命のことを考えるとまだ早いってわかっているけれど、
 考えると涙がでそうになっちゃって。。。』 と

その目はすでに潤んでいた

うちは先住犬を闘病生活1か月という短い間で亡くしているので

『死を何度も経験してもまた暮したいと思うの?』 と聞かれた

誰でも動物と暮していれば経験すること…
そう、自然の流れ。
死というものから誰も逃れられない、

愛犬の死を乗り越える、、、そんなことができているのかどうか
自分でもわからないけれど ただ言えるのは
1週間泣きっぱなしだった涙がやがて5日に一回になり、3日に一回になり、、、
毎日思い出して張り裂けそうだった感情が日に日にやわらいで
今は思い出しては楽しいこと、辛かったことをかみしめている自分がいる




『死を何度も経験してもまた暮したいと思うの?』 

この答えは Yes
どんなに辛いお別れをしようとも Yes
私の答えは決まっている

たまたま新聞で目にしたある納棺師の言葉

―死とは究極の平等だと思います― 



心に響く


テーマ:フレンチブルドッグ★ライフ - ジャンル:ペット

«  | HOME |  »

管理者用 |  RSS |  全記事リストを表示 |

過去ログ
 | 2013年01月(1) | 
 | 2012年07月(1) | 
 | 2012年06月(6) | 
 | 2012年05月(10) | 
 | 2012年04月(13) | 
 | 2012年03月(8) | 
 | 2012年02月(7) | 
 | 2012年01月(3) | 
 | 2011年12月(5) | 
 | 2011年11月(6) | 
 | 2011年10月(9) | 
 | 2011年09月(8) | 
 | 2011年08月(14) | 
 | 2011年07月(2) | 
 | 2009年07月(5) | 
 | 2009年06月(16) | 
 | 2009年05月(15) | 
 | 2009年04月(24) | 
 | 2009年03月(17) | 
 | 2009年02月(10) | 
 | 2009年01月(9) | 
 | 2008年12月(9) | 
 | 2008年11月(8) | 
 | 2008年10月(5) | 
 | 2008年09月(5) | 
 | 2008年08月(12) | 
 | 2008年07月(16) | 
 | 2008年06月(10) | 
 | 2008年05月(10) | 
 | 2008年04月(14) | 
 | 2008年03月(13) | 
 | 2008年02月(13) | 
 | 2008年01月(6) | 
 | 2007年12月(10) | 
 | 2007年11月(15) | 
 | 2007年10月(11) | 
 | 2007年09月(16) | 
 | 2007年08月(8) | 
カテゴリー
趣味[11]
あくび[8]
おでかけ[31]
日常[307]
うどん[7]
あんず[1]
もも[1]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。